ゲストスピーカー

ゲスト基調講演

0月00日(●)
GU1

IT人材から共創人材へ。オープンイノベーションの現場から

IoT、AI、ビッグデータ、次々と新しいバズワードが生まれる現在、自社だけでなく、様々なステークホルダーと共にコトづくりをしていく「オープンイノベーション」が注目されています。特に、「ITをどう使うか」ではなく、「ITを何に使うか」を顧客とともに考えられる人材が、今求められています。
自治体でのIT活用と地域コミュニティづくりを推進し、企業とも連携し課題解決を行なう Code for Japan が、新たな共創人材の育て方をお伝えします。

一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事
合同会社Georepublic Japan 代表社員/CEO
株式会社HackCamp 代表取締役社長/CHO(Chief Hackathon Officer)
神戸市 チーフ・イノベーション・オフィサー
総務省 地域情報化アドバイザー
IoT新時代の未来づくり検討委員会 産業・地域づくりWG
内閣官房 オープンデータ伝道師

関 治之 氏
プロフィール

一般社団法人コード・フォー・ジャパン代表理事。「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をモットーに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。
住民参加型のテクノロジー活用「シビックテック」を日本で推進している他、オープンソースGISを使ったシステム開発企業、合同会社 Georepublic Japan CEO及び、企業のオープンイノベーションを支援する株式会社HackCampの代表取締役社長も勤める。
また、神戸市のチーフ・イノベーション・オフィサー(非常勤)として、神戸市のスタートアップ支援政策やオープンデータ活用を推進している。

事例紹介

2018年月日()

みずほ情報総研株式会社
事業戦略部 プリンシパル

宮田 隆司 氏

ケーススタディ:デジタル・プロジェクトの実践
~教訓と知恵~

本ケーススタディ・セッションでは、みずほ情報総研 事業戦略部の宮田氏をお招きし、サンフランシスコでのデジタル・プロジェクトについて語っていただく。
海外経験なし、50歳過ぎで出発、そこで得られた教訓と知恵を、参加者とのインタラクティブなセッションを通じて共有する。
(モデレーター:ガートナー 中尾 晃政)

プロフィール

1987年から2002年まで、年金数理、金融工学、リスクマネジメントなどの金融機関系業務に従事し、2002年市場国際システム部長。2004年からのソリューション企画及び投資担当を経て、2006年に金融ソリューション開発部長、2014年執行役員事業企画部長。
Web系ソリューション、SAP、Salesforce.comなどの多くのプロジェクトを牽引するとともに、クラウド関連の講演、執筆活動なども手掛ける。
2016年10月より、米国サンフランシスコに駐在し、スタートアップとの日本市場での協業推進を担当し、現在に至る。