9月1日(火)
15:15 - 16:00
事業継続プログラムを成熟させる
Photo

13A

ガートナー
シニア ディレクター, アナリスト
デイヴィッド・グレゴリー

概 要:

事業継続計画に自社のニーズと優先課題を確実に、そして常に反映させるには、同計画を絶え間なく改善していかねばならない。
本セッションでは、レジリエンス・プログラムを作成・拡大して、ベンチマークにより評価する方法を提示する。

スピーカープロフィール:

リサーチ ディレクター。事業継続のプロフェッショナルであり、長年にわたり、世界中のさまざまな顧客企業に事業継続ソリューションを提供した経験を持つ。主な専門領域は、国際規格 (ISO 22301) に準じた、組織全体での事業継続管理ソリューションの開発である。また、リスク管理、事業継続管理と戦略の計画立案、危機管理、ビジネス・インパクト分析、事業継続活動の実施、リカバリ戦略の策定、事業中断、サプライチェーン分析などの専門知識も有している。
地方、地域、国内、世界のさまざまな組織と仕事をし、ISO 22301認証取得プロジェクトを主導してきた。上級幹部と緊密に連携した業界は、空港、航空メーカー、自動車/高級自動車、ケータリング、慈善事業、建設、救急サービス、食品飲料 (醸造所、飲料製造、食品加工、果樹栽培/収穫を含む)、高等教育、ホテル・レジャー、工業生産、法務、採鉱/製錬事業、製薬、規制機関、テクノロジ、公益機関など幅広い。