9月29日(火)
14:25-15:10
人事テクノロジの未来は、従業員の信頼の上に成り立つ
Photo

13D

ガートナー
プリンシパル, アナリスト
ラナディップ・チャンドラ

概 要:

昨今のAIテクノロジ、ブロックチェーンなどの進歩は人的資本管理 (HCM) 領域のテクノロジに大きな影響を与えており、最高人事責任者 (CHRO) からの関心は高まっている。しかし、従業員は内心、データの使用が果たして公正なのか大いに疑問に思っている。
本セッションでは、従業員との信頼関係を損なうことなく、HCM関連テクノロジを有効に活用するための提言を行う。

スピーカープロフィール:

ITリーダー (ITL) 分野のリサーチ アナリスト。人的資本管理 (HCM) アプリケーション市場に注力している。カバーしている領域は、コア人事 (HRISと給与)、ワークフォース・マネジメント (勤務時間/勤怠管理)、統合人事サービス管理、人事におけるブロックチェーン・アプリケーションなどである。アジア太平洋地域のHCMアプリケーション市場に重点を置いているが、世界市場も幅広くカバーしている。
世界的な大手小売企業や大手製造企業に対し、人事テクノロジ・ベンダーの選定についてアドバイスを提供し、プロジェクト実行計画を提示した経験も持つ。業種を問わず、Oracle、SAP、Workdayのプロジェクトの実装コンサルタントとして従事してきた。また、さまざまなSaaS HCMプロジェクトの実装に関するホワイトペーパーやケーススタディを発表し、ERPのトランスフォーメーションに関するリサーチにも長年にわたり取り組んでいる。