9月29日(火)
11:10-11:55
デジタル・トランスフォーメーションの統率における課題を克服する
Photo

11B

ガートナー
プリンシパル, アナリスト
ラナディップ・チャンドラ

概 要:

多くの企業の人事部門が取り組んでいる人事関連テクノロジ戦略は、「未来の仕事の在り方」や「デジタル・ワークプレース戦略」と整合性が取れていないケースが見られる。
本セッションでは、人事部門が抱える課題を明らかにし、デジタル・ワークプレース戦略をより効果的に推進する手法を提言する。

スピーカープロフィール:

ITリーダー (ITL) 分野のリサーチ アナリスト。人的資本管理 (HCM) アプリケーション市場に注力している。カバーしている領域は、コア人事 (HRISと給与)、ワークフォース・マネジメント (勤務時間/勤怠管理)、統合人事サービス管理、人事におけるブロックチェーン・アプリケーションなどである。アジア太平洋地域のHCMアプリケーション市場に重点を置いているが、世界市場も幅広くカバーしている。
世界的な大手小売企業や大手製造企業に対し、人事テクノロジ・ベンダーの選定についてアドバイスを提供し、プロジェクト実行計画を提示した経験も持つ。業種を問わず、Oracle、SAP、Workdayのプロジェクトの実装コンサルタントとして従事してきた。また、さまざまなSaaS HCMプロジェクトの実装に関するホワイトペーパーやケーススタディを発表し、ERPのトランスフォーメーションに関するリサーチにも長年にわたり取り組んでいる。