ゲストスピーカー

ゲストスピーカー

ゲスト基調講演

株式会社 感性リサーチ
代表取締役

黒川 伊保子 氏

黒川 伊保子 氏

GU1

脳科学で理解する
~ダイバーシティコミュニケーション~

プロフィール

1959年、長野県生まれ、栃木県育ち。1983年奈良女子大学理学部物理学科卒。
ヒトと人工知能の対話研究の立場から、コミュニケーション・サイエンスの新領域を拓いた、感性研究の第一人者。脳の気分を読み解くスペシャリスト(感性アナリスト)である。
1983年奈良女子大学理学部物理学科を卒業、コンピュータ・メーカーに就職し、人工知能(AI)エンジニアを経て、2003年、ことばの潜在脳効果の数値化に成功、株式会社感性リサーチを設立。大塚製薬「SoyJoy」のネーミングなど、多くの商品名の感性分析に貢献している。
また、男女の脳の「とっさの使い方」の違いを発見し、人類のコミュニケーション・ストレスの最大の原因を解明。その研究成果を元に多くの著書が生み出されている。中でも、『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』は、家庭の必需品と言われ、併せてミリオンセラーに及ぶ勢い。

【近著】
「人間のトリセツ 〜人工知能への手紙」(ちくま新書)2019年12月発売
「夫のトリセツ」「妻のトリセツ」(講談社+α新書)
「ことばのトリセツ」「女の機嫌の直し方」(インターナショナル新書)
「共感障害 〜”話が通じない”の正体」(新潮社)
「定年夫婦のトリセツ」(SB新書)2019年4月6日発売
「ヒトは7年で脱皮する 〜近未来を予測する脳科学」(朝日新書)

「英雄の書 〜すべての失敗は脳を成長させる」(ポプラ新書)
「成熟脳 〜脳の本番は56歳から始まる」(新潮文庫)
「母脳」(ポプラ社) AI時代に、子どもが巣立つその日までのすべて

「女は覚悟を決めなさい」(ポプラ社)
「キレる女 懲りない男 〜男と女の脳科学」(ちくま新書) 男女脳マニュアル決定版!
「恋愛脳」「夫婦脳」「運がいいといわれる人の脳科学」「家族脳」(新潮文庫)