8月26日(水)
16:10-16:55
未来のアプリケーションへの戦略的アーキテクチャ・ロードマップ
Photo

14A

ガートナー
ディスティングイッシュト バイスプレジデント, アナリスト

イェフィム・ナティス

概 要:

未来のアプリケーションでビジネス価値を実現するには、今までのやり方を変えなければならない。
アプリケーションのアーキテクチャは、ロールを中心にビジネス能力を組み立てられるよう変更する必要がある。ソフトウェア開発では、プロダクト・スタイルのデリバリに移行する必要がある。ビジネス部門のユーザーは、非専門家でも利用できるように拡張されたツールで能力を増強させる必要がある。
ビジネス部門とIT部門の間には継続的に連携する関係性が必要である。 本セッションでは、未来のアプリケーションに至る戦略的ロードマップにおけるマイルストーンについて解説する。

スピーカープロフィール:

ガートナー リサーチのバイスプレジデントでディスティングイッシュト アナリスト兼リサーチ フェロー。アプリケーション・アーキテクチャ、アプリケーション・プラットフォーム、クラウド・コンピューティングにおける主要なトレンド、ベスト・プラクティス、ベンダーにフォーカスしている。リサーチの主要なテーマは、アプリケーションの未来、クラウド・プラットフォームにおける主要なトレンド、イベント駆動型コンピューティングなどである。ガートナーのPaaS、クラウド・プラットフォーム、アプリケーションの未来、イベント駆動型コンピューティングのリサーチ・コミュニティを主導している。
ガートナー入社前は、ソフトウェアの新興企業、Magna Softwareにおいて、Magna X (サービス指向トランザクション処理アプリケーションのジェネレータ) のソフトウェア・アーキテクチャ・ディレクター兼主席アーキテクトを務めた。また、Hogan SystemsとCitigroupで、ITアーキテクチャとITマネジメントの役職を務めた経験も持つ。エンタプライズITに関する実務経験は30年に及ぶ。