ゲスト基調講演

10月31日(火)
熊谷 昭彦 氏
GEジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEO
GEコーポレート・オフィサー(本社役員)

熊谷 昭彦 氏

Transforming to a Digital Industrial Company -
次世代製造業に向けたGEの挑戦

トーマス・エジソンが創業して125年となるGEは現在、航空機エンジンやガスタービン、画像診断機器といったインフラ機器製造業に事業ポートフォリオを集約させる一方で、ソフトウェアやアナリティクス技術を兼ね備える「事業変革」と、新たな事業組織にふさわしい「企業文化の変革」に取り組んでいます。この講演では、「デジタル・インダストリアル・カンパニー」をビジョンに掲げ、変革し続けるGEの取り組みを経営の視点でご説明します。

プロフィール

1984年GEに入社。工業用人工ダイヤモンドなどを取り扱うスーパーアブレイシブ事業部、ならびに日本や米国のGEプラスチックスでセールス、マーケティング、事業統括など多岐にわたる要職を歴任後、1998年にGEプラスチックス・アメリカ グローバルアカウント担当ゼネラルマネージャーに就任。その後2001年1月に日本ジーイープラスチックス株式会社 代表取締役社長、同年12月にGE東芝シリコーン株式会社の代表取締役社長兼CEOに就任、アジア太平洋地域におけるGEの全シリコーン事業を統括する。2006年2月、GEコンシューマー・ファイナンス株式会社の代表取締役社長兼CEOならびにGEのコーポレート・オフィサー(本社役員)に任命される。2007年6月、GE横河メディカルシステム(現GEヘルスケア・ジャパン)株式会社*の代表取締役社長兼CEOに就任し、2011年6月にはGEヘルスケア・ジャパン株式会社 代表取締役会長に就任。 2009年2月から2015年までGEヘルスケア・アジアパシフィックのプレジデント兼CEOを兼任する。2013年12月に日本GE株式会社(現GEジャパン)代表取締役社長兼CEOに就任し現在に至る。

GE入社前は、三井物産株式会社に5年間勤務

カリフォルニア大学ロサンゼルス校 経済学部 卒業

11月1日(水)
村林 聡 氏
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
代表取締役社長

村林 聡 氏

デジタル社会の到来とレガシー企業のチャレンジ

モバイル、クラウド、IoT、AIなどICTの進化は留まることを知らず、これらを活用し真の顧客サービスにつなげた企業が既成をディスラプトしています。一方、レガシー企業もイノベーションのジレンマと格闘しながら、生き残りをかけデジタルイノベーションにチャレンジしています。MUFGが今までICTを活用しどう業務改革につなげてきたかを振り返りながら、到来するデジタル社会への最新のチャレンジについてお話します。

プロフィール

1981年3月名古屋大学経済学部卒業、同年4月三和銀行(現 三菱東京UFJ銀行)入行。2002年UFJ銀行(現 三菱東京UFJ銀行)システム企画部長、2009年三菱東京UFJ銀行システム部長執行役員、2011年常務執行役員副コーポレートサービス長を経て、専務取締役コーポレートサービス長兼CIO。三菱UFJフィナンシャル・グループの執行役専務、グループCIOも兼務。2017年6月21日付 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 代表取締役社長就任。

11月2日(木)
野口 悠紀雄 氏
早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問
一橋大学名誉教授

野口 悠紀雄 氏

ブロックチェーン革命

ブロックチェーンは、電子的情報を記録する仕組み。仮想通貨の基礎技術として登場した。攻撃に強い、コストが安い、改ざんが不可能などの優れた性質を持つことから、様々な用途への応用が広がっている。メガバンクは、仮想通貨を来年にも発行する予定。また各国の中央銀行が導入を検討している。さらに、シェアリングエコノミー、IOTなどへの応用が考えられている。ブロックチェーンは、社会の構造を大きく変える。

プロフィール

1940年 東京に生まれる。
1963年 東京大学工学部卒業。
1964年 大蔵省入省。
1972年 エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。
     一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、
     スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、
2017年9月より、早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問 兼 一橋大学名誉教授。


主要著書
『 情報の経済理論 』(東洋経済新報社、1974年、日経経済図書文化賞)
『 財政危機の構造 』(東洋経済新報社、1980年、サントリー学芸賞)
『 バブルの経済学 』(日本経済新聞社、1992年、吉野作造賞)
『 1940年体制―さらば戦時経済(新版)』(東洋経済新報社、2002年)
『「超」整理法 』(中公新書、1993年)
『「超」勉強法 』(講談社、1995年)
『「超」英語法 』(講談社、2004年)
『 ビジネスに活かすファイナンス理論入門 』(ダイヤモンド社、2004年)
『 資本開国論 』(ダイヤモンド社、2007年)
『「超」情報革命が日本経済再生の切り札になる 』(ダイヤモンド社、2015年)
『 円安待望論の罠 』(日本経済新聞出版社、2016年)
『 ブロックチェーン革命 』(日本経済新聞出版社、2017年)
『日本経済入門』(講談社現代新書、2017年)
『世界史を創ったビジネスモデル 』(新潮選書、2017年)
『異次元緩和の終焉 金融緩和政策からの出口はあるのか』(日本経済新聞出版社、2017年)

受 賞
   1967年  政府主催明治100年記念論文 最優秀総理大臣賞
   1969年  カリフォルニア大学ロサンゼルス校 優秀学生同窓会賞
   1974年  日経経済図書文化賞
   1979年  毎日新聞エコノミスト賞
   1980年  サントリー学芸賞
   1989年  東京海上各務財団賞、日本不動産学会賞
   1992年  中央公論吉野作造賞
   1996年  ソフト化経済センター・ソフト化賞平成19年10月5日