CIO Experience ゲストスピーカー

11月1日(水)
島田 啓一郎 氏
ソニー株式会社
執行役員コーポレートエグゼクティブ
中長期技術・技術渉外担当

村林 聡 氏

IoT/AI/ビッグデータ/ロボット利活用実現後の
「暮らし・社会・産業」
※本セッションは CIO Experience メンバーのお客様のみご参加頂けます

第4次産業革命ではIoT/AI/ビッグデータ/ロボットが活用され、その結果Society5.0と呼ぶ次世代社会を実現することが期待されている。この時代の暮らし・社会・産業を「顧客価値の視点」から考察する。そして、技術及び社会基盤の革新により、5分野11種類の制約が解放され、新たな生活文化とともに新事業が創出される仕組みを「移動する」「運ぶ」の自動化を例に紹介する。

プロフィール

1981年東京大学工学部電子工学科卒業、同年、ソニー株式会社入社、ビデオカメラなどの商品・組み込みソフト・小型化技術開発に従事。1996~2003年ノートパソコンの事業を統括し、創業から年商約4千億円まで担当、元祖銀パソと呼ばれる薄型軽量デザイン・カメラ一体型・ウルトラモバイルPCなどを商品化。2005年デジタルイメージング事業本部副事業本部長、2006~2012年技術開発本部長、2007年より業務執行役員SVP、2009年研究開発担当役員、2012年より現職。内閣府システム基盤技術検討会・総務省イノベーション創出委員会などの会合構成員、電波産業会・放送サービス高度化推進協会などの団体理事、電子情報技術産業協会技術戦略部会長などを歴任。2016年より京都大学経営管理大学院特命教授。