One-on-Oneミーティング

  • One-on-Oneミーティング

お客様特有の課題に対して、ガートナーのアナリストがお答えする「1対1」型のミーティングです。

One-on-Oneミーティング

課題解決のヒントを得てください
『お客様が抱える問題』、『海外の先進事例』、 『他社モデルの導入』、『講演についての具体的な質問』など、アナリストとの対話を通じてお客様の課題解決のヒントを得てください。

One-on-Oneミーティング

早めのご予約をお勧めします
ミーティングの時間枠は限られているので開催前の ご予約をお勧めします。サミット会期中も会場内にて ご予約をお受けできますが、ご希望の時間が取れなくなるケースもございます。

One-on-Oneミーティング

1回30分の個別ミーティング
お客様が抱える固有の問題・課題に特化した双方向ディスカッションによって、解決への道標・示唆を得ていただくことを目的としています。

One-on-Oneミーティング

お一人様2回までご参加いただけます
グローバルのトップ・アナリストも来日しますので多くのアナリストとの対話を通じて課題解決のヒントを得てください。海外アナリストとのミーティングにはご希望により通訳が同席いたします。

One-on-Oneミーティング

ミーティングはトピックのご指定だけでも行えます
お申込は、お客様の課題、トピックのご指定だけでも行えます。最適なアナリストとのミーティングをアレンジさせていただきます。

ベンダー・ブリーフィングに相当する内容につきましては、One-on-Oneミーティングでお受けすることができませんので予めご了承ください。
ベンダー・ブリーフィングについて:http://www.gartner.co.jp/about/vendor_relations.html

ONEONONE MEETING

  • テーマ別セッションご聴講後にスピーカーと個別相談
  • ご担当業務に特化したアドバイス
  • 新たな分野に関する知見の習得
  • 国外の情報を海外のアナリストから直接収集(通訳同席可)
●お申込み方法
Webサイトからお申込みいただくか、貴社担当営業へお申し付けください。

One-on-One ミーティング担当アナリスト一覧

礒田 優一

コンファレンス・チェア
リサーチ ディレクター
礒田 優一Yuichi Isoda

プロフィール

プロフィール
ガートナー ジャパンにおいて、情報セキュリティ領域を中心とした調査/分析を担当。
入社以前は、大手企業、独立系のシステム・インテグレーターで重要プロジェクトを担当。その後、監査法人系のメンバーファームにて、上場企業を中心に延べ数十社の情報システムおよびセキュリティ監査・アドバイザリ業務に従事。その間、情報セキュリティ研修講師、IT統制、情報セキュリティ管理に関する書籍の執筆を担当。
カバーエリア
○ 情報セキュリティ全般
○ 情報セキュリティ・ガバナンス、マネジメント、監査

アント・アラン

バイス プレジデント
アント・アランAnt Allan

プロフィール

プロフィール
ガートナー リサーチのリサーチ バイス プレジデント。アイデンティティ/アクセス管理 (IAM) リサーチ・コミュニティの中核メンバーであり、ITリーダー向けIAMキー・イニシアティブのアジェンダ・マネージャーも務めている。専門は、ユーザー認証をはじめとするアイデンティティ・コロボレーション・テクノロジに加え、それを支援するプロセス/ポリシー/ベスト・プラクティスである。
ガートナー入社前は、英国の販売店でセキュリティ・ソフトウェア製品のプロダクト・マネージャーとして2年間勤務していた。それ以前は、7年間にわたりGA Lifeの情報セキュリティ管理に従事し、金融システムの情報セキュリティ・ポリシー/テクノロジに注力していた。また、アプリケーション開発や情報テクノロジのトレーニングに短期間携わったこともある。
カバーエリア
○ 効果的なアイデンティティ/アクセス管理機能の提供
○ アイデンティティ/アクセス管理プログラム
○ ユーザー認証の戦略/計画立案
○ ユーザー認証テクノロジの選定と実装

ピーター・ファーストブルック

バイス プレジデント
ピーター・ファーストブルックPeter Firstbrook

プロフィール

プロフィール
エンドポイントおよびサーバの保護戦略/ツールの第一人者である。ガートナーのリサーチ バイス プレジデントとして、エンドポイント保護プラットフォーム (EPP) とエンドポイントでの検知と対応 (EDR) に関連するすべてのトピックについて責任を担っている。また、戦略的テクノロジ・ベンダー/製品の選定、製品の最善価格の交渉、ベスト・プラクティスの実装について企業支援も行っている。
1997年5月にMeta Groupに入社する前は、金融アナリストとして活躍したほか、小売/支店ネットワークの実装、税務報告書作成/請求処理プログラムのソフトウェア開発、データベース管理者などに従事した。
カバーエリア
○ モバイル、エンドポイント、ウェアラブル・コンピューティングの戦略
○ マルウェア
○ アプリケーション制御
○ ランサムウェア
○ 次世代のウィルス対策
○ EDR (エンドポイントでの検知と対応) ソリューション

マーク・ホーヴァス

リサーチ ディレクター
マーク・ホーヴァスMark Horvath

プロフィール

プロフィール
安全なアプリケーション開発を専門とするアナリスト。顧客企業がソフトウェア開発プロセス全体を改善して、本番環境におけるセキュリティ問題を最小限に抑える方法を理解できるよう支援している。支援内容は、プロセスとテストに関するアドバイスから、攻撃対象領域全体および最終製品のセキュリティを大きく左右する可能性がある特定のツール/テスト/サービスに至るまで、幅広く対応している。
ガートナー入社前は、Morgan Stanleyでアイデンティティ/アクセス管理担当のエグゼクティブ・ディレクターとして従事し、MicrosoftでWindows 7のWindowsセキュリティ保証の指導的役割を担ったほか、金融サービス/保険を中心とするさまざまなセキュリティ開発プロジェクトのコンサルタントも担当した。
カバーエリア
○ アプリケーション/データのセキュリティ
○ セキュリティ/リスク管理リーダー
○ ITオペレーション変革
○ 安全なソフトウェア開発ライフサイクル (SDLC)、セキュリティ・ロール、セキュリティ推進者の着手、拡大、維持
○ 外部のセキュリティ・ベンダー、侵入テスター、セキュリティ・スペシャリストの管理
○ DevSecOps
○ 脆弱性管理
○ 量子コンピューティング、ポスト量子暗号

池田 武史

バイス プレジデント
池田 武史Takeshi Ikeda

プロフィール

プロフィール
企業のITインフラに関してネットワーキングとコミュニケーションの観点を中心に、アナリストとして活動している。コミュニケーションの研究、ネットワーク・インフラの企画、データセンターおよびインターネット接続サービスのビジネス推進、ソフトウェア開発製品およびプラットフォームのマーケティングなどITに関して幅広く活動してきた経験を基に、今後のITインフラの在り方に関する支援・助言を行っている。
カバーエリア
○ 企業のITインフラに関する戦略、構築、運用について、特にネットワーキングとコミュニケーションの視点からの支援・助言

木村 陽二

主席アナリスト
木村 陽二Yoji Kimura

プロフィール

プロフィール
ガートナー ジャパンにおいて、セキュリティ&リスク・マネジメント領域における市場動向の調査、分析、提言を行っている。
ガートナー ジャパン入社以前は、ヤマトグループにおいて、エンジニアとして宅急便システムの開発、運用、顧客サポートを担当。KPMGのメンバー・ファームにおいて、システム監査人として金融商品取引法監査、会社法監査における情報システムとセキュリティの監査やアドバイザリ業務、書籍の執筆を担当。野村総合研究所グループで、セキュリティ・コンサルタントとしてセキュリティ全般のマネジメント・コンサルティング、セキュリティ監査、PCI DSS審査を担当。
カバーエリア
○ セキュリティ&リスク・マネジメント全般 (特にエンドポイント保護)
○ セキュリティ・ガバナンス、監査
○ 日本のセキュリティの技術動向、ベンダー分析、市場動向、将来予測

ブライアン・ローワンス

リサーチ ディレクター
ブライアン・ローワンスBrian Lowans

プロフィール

プロフィール
ガートナー リサーチの情報セキュリティ/プライバシー リサーチ組織の1つ「セキュア ビジネス イネーブルメント」グループでリサーチ ディレクターを務めている。専門は、構造化/非構造化データの暗号化、データ中心の監査と保護、暗号鍵管理、CASBとクラウドでのデータ・セキュリティ問題、電子署名、インフォノミクス、その他情報セキュリティ/リスクなど、データ・セキュリティに関する幅広い問題に及んでいる。
QinetiQ Ventures Groupのプロダクト・ディレクターとして、ビジネス・スタートアップの開発に携わった。また、スケーラブルなネットワーク・セキュリティ・ソリューションの開発も指揮し、その中では、量子鍵配送、鍵管理のほか、光ネットワーク環境全体を網羅する暗号化と認証機能を備えたネットワーク管理システムに取り組んだ。量子鍵配送の国際標準を作成する作業グループ (ETSI QKD_ISG) の副会長も歴任している。
カバーエリア
○ セキュリティ/リスク管理リーダー
○ データベース暗号化、非構造化ファイルの暗号化、暗号鍵管理
○ CASB、クラウドSaaS、IaaSのためのデータ暗号化とデータ保管場所
○ データベース・アクティビティ・モニタリング、データ中心の監査と保護
○ 電子署名、デジタル署名
○ データ・セキュリティ・ガバナンスとインフォノミクス

ニール・マクドナルド

バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
ニール・マクドナルドNeil MacDonald

プロフィール

プロフィール
米国コネチカット州スタンフォードに本拠を置く、ガートナー リサーチのバイス プレジデント 兼 最上級アナリスト 兼 ガートナー名誉フェロー。情報セキュリティ/プライバシー/リスク・リサーチ・チームの一員として、次世代の仮想/クラウド・ベース・コンピューティング環境を高度な攻撃から保護することにフォーカスしている。特に、エンドポイントでの検知と対応、仮想化セキュリティ、ハイブリッド・クラウド・サーバのワークロード保護、クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカ、アダプティブ・セキュリティ・アーキテクチャを使用した高度標的型攻撃からの保護を専門に調査している。
カバーエリア
○ クラウド・セキュリティ
○ エンドポイント/モバイルのセキュリティ
○ インフラストラクチャのイノベーションとアジリティの加速
○ アプリケーション/データのセキュリティ
○ ネットワークのセキュリティ
○ 次世代の仮想化データセンター/ワークロードのセキュリティ強化
○ クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカ (CASB) を使用したクラウド・サービス・アクセスのセキュリティ強化

亦賀 忠明

バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
亦賀 忠明Tadaaki Mataga

プロフィール

プロフィール
1985年、大手ベンダー入社。メインフレーム、ネットワーク、オープン・システムに至る各種システム開発業務に従事。米国製品の受け入れと導入、顧客へのシステム提案、設計、開発、運用といった開発工程全般を手掛ける。1997年にガートナー ジャパン入社。ITインフラストラクチャに加え、「未来志向」をテーマに、先端テクノロジに関する調査分析を担当。国内外のユーザー企業、主要なベンダー、インテグレーターに対して、さまざまな戦略的アドバイスを行っている。
カバーエリア
○ スマート・マシン、ロボット、人工知能的なもの
○ 先端テクノロジ、未来志向
○ クラウド・コンピューティング
○ メインフレーム、スーパーコンピュータ (HPC)
○ ITインフラストラクチャ・リーダー、戦略
○ 未来志向型テクノロジ人材と投資

ロブ・マクミラン

リサーチ ディレクター
ロブ・マクミランRob McMillan

プロフィール

プロフィール
戦略的な計画立案、セキュリティ・ポリシーおよびガバナンス、セキュリティ・インシデント対応、リスク・マネジメント、セキュリティ評価指標などの情報/ITセキュリティ分野を担当している。金融サービス業界に9年間従事した経験があり、世界最大規模の銀行で培われたエグゼクティブ・レベルの実務経験をガートナーに持ち込んできている。それ以前は12年間、大学関連分野に携わり、その内の9年間はセキュリティ・インシデント対応のスペシャリスト・チームに所属した。
ガートナー入社前はオーストラリア・コモンウェルス銀行に約9年間勤務し、ビジネス・インフォメーション・セキュリティ・サポート部門のエグゼクティブ・マネージャーとして情報セキュリティを統括した。
カバーエリア
○ 情報セキュリティ管理プログラム
○ リスク管理プログラム
○ プライバシー管理プログラム
○ セキュリティ戦略、ガバナンス、組織、予算、人員配置
○ ビジネス目的に対するセキュリティおよびその適用性の測定
○ セキュリティ・ポリシーの策定と実装
○ セキュリティ・インシデント対応の計画立案

サム・オーヤイー

主席アナリスト
サム・オーヤイーSam Olyaei

プロフィール

プロフィール
ガートナー リサーチの主席リサーチ アナリスト。リスク&セキュリティ管理グループのメンバーである。
サイバーセキュリティ・プラクティスに関するさまざまな国際経験を積んでおり、その情報をガートナーの顧客やメンバーに提供している。CISO (最高情報セキュリティ責任者)、CIO (最高情報責任者)、CRO (最高リスク責任者)、IT以外の経営幹部に対して、最先端のリサーチと先見的なリーダーシップを提供しながら、セキュリティ/リスク・プラクティスの成熟化について定期的な助言も行う。
担当する分野では特に、戦略、ガバナンス、スタッフ/人材管理、ポリシー、評価指標、経営幹部/取締役への報告対策を含むセキュリティ/リスク・プログラム管理に関する問題に幅広くフォーカスしている。フィラデルフィアを拠点としながら、世界中のセキュリティ・サミットや業界イベントでスピーカーやプレゼンターを定期的に務めている。
ガートナー入社前は、インシデント対応、Eディスカバリ (電子情報開示)、フォレンジック、調査を専門とするベンダーやコンサルタント会社でさまざまな職務を歴任した。
カバーエリア
○ サイバーセキュリティにおけるトレンド
○ セキュリティ戦略、ガバナンス、組織、成熟度、予算、人員配置
○ セキュリティに関する取締役会へのプレゼンテーション (評価指標を含む) と、経営幹部とのコミュニケーション
○ 情報セキュリティ管理プログラム
○ リスク管理プログラム
○ セキュリティ/リスク管理リーダー

トム・ショルツ

バイス プレジデント
兼 ガートナー フェロー
トム・ショルツTom Scholtz

プロフィール

プロフィール
リサーチ バイス プレジデント 兼 ガートナー フェロー。セキュリティ/リスク管理担当のリサーチ主任も務めている。顧客企業にセキュリティ管理戦略/動向に関して助言を提供し、さらに情報セキュリティ・ガバナンス、セキュリティ戦略、セキュリティ担当組織の力学、セキュリティ管理プロセスの各領域における一般に広く認められた権威でもある。英国に本拠を置くショルツは、欧州で開催される業界イベントのプレゼンターとして登壇する機会も多い。
カバーエリア
○ 情報セキュリティ管理プログラム
○ セキュリティ/リスク管理リーダー
○ リスク管理プログラム
○ セキュリティ戦略、セキュリティに関する戦略的な計画立案
○ セキュリティ・ガバナンス
○ セキュリティ組織

田崎 堅志

バイス プレジデント
田崎 堅志Kenshi Tazaki

プロフィール

プロフィール
1991年よりデータクエスト ジャパン (現ガートナー ジャパン) にてデータ・ネットワーキングやボイス・コミュニケーション、パブリック・ネットワーク、モバイル・コミュニケーション、通信事業者のデータセンター・ビジネスなど、テレコミュニケーション産業全般にわたる動向分析ならびにマーケティング・コンサルティングに従事。
ガートナー ジャパン入社以前は、富士通にて通信処理マルチマイクロプロセッサ、ネットワーク・アーキテクチャ、高速パケット通信システムの研究開発、ネットワーク・システムおよびネットワーク・ソフトウェア製品の企画開発、プロジェクト・マネジメントを担当。高速光LAN、TDM、ネットワーク・サービス・プロセッサなど企業向け通信システム製品のハードウェアおよびソフトウェアを商品化。IEEE Communications SocietyおよびComputer Society会員。
カバーエリア
○ 企業におけるデータセンター展開、広域企業ネットワーク構築に関する戦略立案・ベンダー選定・契約締結・運営管理の支援・助言
○ 日本の通信産業全般および固定通信サービス市場、データセンター・サービス市場の動向分析・将来予測・競合分析

アヤル・ティロシュ

主席アナリスト
アヤル・ティロシュAyal Tirosh

プロフィール

プロフィール
ガートナー リサーチの主席リサーチ アナリスト。デジタル・ワークプレース・セキュリティ・チームのメンバーである。リサーチでは主に、アプリケーション・セキュリティとデジタル・ワークプレース・セキュリティのためのテクノロジと戦略に注力している。Webアプリケーション保護とエンドポイントでのアプリケーション保護について解説することもある。
ガートナー入社前は、パイロット/船員向けの気象情報入りナビゲーション・ソフトウェアを提供する企業でマネージャーを務めていた。
カバーエリア
○ アプリケーション/データのセキュリティ
○ データのマスキング/難読化
○ アプリケーション・セキュリティ・プログラム
○ ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション

ジェフリー・ウィートマン

バイス プレジデント
ジェフリー・ウィートマンJeffrey Wheatman

プロフィール

プロフィール
ガートナー リサーチのバイス プレジデント。戦略、チーム・ビルディング、評価指標/報告、コミュニケーション手法、リスク管理にフォーカスしながら、セキュリティとITリスク管理に関する広範な問題について、定期的に顧客企業に助言を提供している。ガートナーのS&RMチーム内の経験豊富なアナリストとして、上級セキュリティ/リスク管理リーダーと連携し、環境内におけるIT関連リスクを特定、評価、軽減できるよう支援している。
カバーエリア
○ 情報セキュリティ管理プログラム
○ リスク管理プログラム
○ セキュリティ・コンプライアンスと監査管理
○ 情報セキュリティの戦略的な計画立案
○ 情報セキュリティのガバナンス
○ セキュリティ/リスクに関する評価指標

矢野 薫

主席アナリスト
矢野 薫Kaoru Yano

プロフィール

プロフィール
ガートナー ジャパンにおいて、セキュリティ領域における市場動向の分析と提言を行っている。
ガートナー ジャパン入社以前は、外資系セキュリティ・ベンダーにおいてデータ保護、アイデンティティ/アクセス管理、セキュリティ情報/イベント管理、セキュリティ・ガバナンスとリスク管理 (GRC) 等のプリセールスを担当した後、外資系コンサルティング・ファームにおいて、大手金融機関の情報セキュリティ/サイバーセキュリティに関わる戦略の立案やテクノロジ評価のプロジェクトに従事。
カバーエリア
○ 情報セキュリティ全般 (特にデータ保護、アイデンティティ/アクセス管理等)
○ セキュリティ・ガバナンスとセキュリティ・リスク管理
○ 金融機関におけるセキュリティ・トレンド分析