トラック

   トラックA   
デジタル・ビジネス戦略

デジタルはオプションではなくマストになっています。2020年以降、デジタル・ディスラプションはさらにリアリティを増し、企業の存亡自体に大きな影響を与えるものとなるでしょう。
本トラックでは、劇的に変化するテクノロジとビジネス環境の中で、企業、リーダー、担当者が採るべき戦略について提言します。

   トラックB   
クラウドの戦略と未来

クラウド・コンピューティングが登場してから10年以上が経過した今、クラウド・コンピューティングは、ITの未来として語られたものの多くを実現する手段になりつつあります。
本トラックでは、激変するクラウド・コンピューティングを踏まえ、どのようなクラウド戦略を立案するかについて考察します。

   トラックC   
ITオペレーションとDevOpsの発展

I&Oリーダーは、デジタルの推進のために、ITオペレーションの目標を再定義する必要がありますが、このような変革は容易でありません。
本トラックでは、インフラストラクチャとオペレーションのプロセス/テクノロジにフォーカスし、ITオペレーション・リーダーとそのチームがどのように対処すべきか提言します。

   トラックD   
デジタル・インフラストラクチャにおけるイノベーションと最新トレンド

デジタル時代における成功を目指すI&Oリーダーは、ITやビジネスに大きな利益をもたらす新しいトレンドやテクノロジを理解しながら、次世代ワークロードに必要なテクノロジ・アーキテクチャ、プロセス、人材を抜本的に見直す「創造的なディスラプション」に乗り出さなければなりません。I&Oリーダーは、模索しながら、変革力のある意思決定を下すことになるでしょう。
本トラックでは、そのようなI&Oリーダー向けに、「オペレーションの安定性」と「最新トレンドの活用」の最適なバランスを見極める方法を提言します

   トラックE   
デジタル・ワークプレースとカルチャー変革

あらゆる業界においてデジタル・ビジネスになりつつある今日、組織は最大の資産である従業員の仕事と連携のあり方を見直す必要に迫られています。今、日本企業はスキルセット、マインドセット、スタイルとカルチャーの転換を図るべき時期に来ています。
本トラックでは、テクノロジに加えて、従業員エンゲージメントを高める手法や、消費者重視のスタイルを活用することで、従業員の生産性と俊敏性を向上させ、デジタル・ワークプレースを成功に導く方法を提示します。