One-on-Oneミーティング

  • One-on-Oneミーティング

お客様特有の課題に対して、ガートナーのアナリストがお答えする「1対1」型のミーティングです。

One-on-Oneミーティング

課題解決のヒントを得てください
『お客様が抱える問題』、『海外の先進事例』、 『他社モデルの導入』、『講演についての具体的な質問』など、アナリストとの対話を通じてお客様の課題解決のヒントを得てください。

One-on-Oneミーティング

早めのご予約をお勧めします
ミーティングの時間枠は限られているので開催前の ご予約をお勧めします。サミット会期中も会場内にて ご予約をお受けできますが、ご希望の時間が取れなくなるケースもございます。

One-on-Oneミーティング

1回30分の個別ミーティング
お客様が抱える固有の問題・課題に特化した双方向ディスカッションによって、解決への道標・示唆を得ていただくことを目的としています。

One-on-Oneミーティング

お一人様2回までご参加いただけます
グローバルのトップ・アナリストも来日しますので多くのアナリストとの対話を通じて課題解決のヒントを得てください。海外アナリストとのミーティングにはご希望により通訳が同席いたします。

One-on-Oneミーティング

ミーティングはトピックのご指定だけでも行えます
お申込は、お客様の課題、トピックのご指定だけでも行えます。最適なアナリストとのミーティングをアレンジさせていただきます。

ベンダー・ブリーフィングに相当する内容につきましては、One-on-Oneミーティングでお受けすることができませんので予めご了承ください。
ベンダー・ブリーフィングについて:http://www.gartner.co.jp/about/vendor_relations.html

ONEONONE MEETING

  • テーマ別セッションご聴講後にスピーカーと個別相談
  • ご担当業務に特化したアドバイス
  • 新たな分野に関する知見の習得
  • 国外の情報を海外のアナリストから直接収集(通訳同席可)
●お申込み方法
Webサイトからお申込みいただくか、貴社担当営業へお申し付けください。

One-on-One ミーティング担当アナリスト一覧

亦賀 忠明

ガートナー リサーチ
バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
亦賀 忠明

プロフィール

プロフィール
1985年、大手ベンダー入社。メインフレーム、ネットワーク、オープン・システムに至る各種システム開発業務に従事。米国製品の受け入れと導入、顧客へのシステム提案、設計、開発、運用といった開発工程全般を手掛ける。1997年にガートナー ジャパン入社。ITインフラストラクチャ全般を中心とする調査分析を担当。国内外の主要なベンダー、インテグレーターや一般企業ユーザーに対して、さまざまな戦略的アドバイスを行っている。
カバーエリア
○ クラウド・コンピューティング
○ サーバ、仮想化
○ ITインフラ戦略 (ベンダー、ユーザー)
○ メインフレーム
○ スーパーコンピュータ (HPC)
○ スマート・マシン、ロボット、人工知能的なもの、先端テクノロジ、未来志向
○ ITインフラストラクチャ・リーダー

青山 浩子

ガートナー リサーチ
主席アナリスト
青山 浩子

プロフィール

プロフィール
1996年より国立精神・神経センター社会精神保健部にて研究職、病院での臨床診断に携わる。2001年、国内ソフトウェア・ベンダーに入社し、サーバ管理、CRM導入、DB構築などのシステム・メンテナンスに従事。
2005年、ガートナー ジャパン入社。ITインフラストラクチャに関連したサーバ市場とOSSを中心とした市場動向調査・分析と支援、助言を行っている。
国際基督教大学大学院 教育学教育心理学修士課程修了。
カバーエリア
○ ITインフラストラクチャ、日本サーバ市場に関する市場調査・分析
○ オープンソース・ソフトウェア (OSS)、Linux、仮想化に関する動向分析、支援・助言

阿部 恵史

ガートナー リサーチ
リサーチ ディレクター
阿部 恵史

プロフィール

プロフィール
これまで25年以上にわたって積み上げてきたIT業界でのキャリアを生かし、ガートナー ジャパンにおいては、ITオペレーションの領域を中心とした市場動向分析と提言を行っている。
ガートナー ジャパン入社以前は、国内・外資系ベンダーにおいて、製品/ソリューション・マーケティング、製品マネジメント、デジタル・マーケティング、イベント、チャネル、広報、アナリスト・リレーションなどの各種マーケティングや新規市場開発業務を担当、また、業務系システムの設計・開発・サポート、インフラ系のシステムコンサルタント、バックラインサポートのエスカレーションエンジニアなど技術系の職種も多数経験。
ビジネス・ブレークスルー大学大学院経営学修士課程修了 (MBA)。
カバーエリア
○ ITオペレーション管理における技術動向、市場動向、将来予測、ベンダー分析
○ ITオペレーション管理に関するインフラ戦略と推進にかかわる支援・助言

池田 武史

ガートナー リサーチ
バイス プレジデント
池田 武史

プロフィール

プロフィール
企業のITインフラに関してネットワーキングとコミュニケーションの観点を中心に、アナリストとして活動している。コミュニケーションの研究、ネットワーク・インフラの企画、データセンターおよびインターネット接続サービスのビジネス推進、ソフトウェア開発のマーケティングなどITに関して幅広く活動してきた経験を基に、今後のITインフラの在り方に関する支援・助言を行っている。
大阪大学基礎工学研究科修士課程修了。
カバーエリア
○ 企業のITインフラに関する戦略、構築、運用について、特にネットワーキングとコミュニケーションの視点からの支援・助言

志賀 嘉津士

ガートナー リサーチ
バイス プレジデント
志賀 嘉津士

プロフィール

プロフィール
情報システム/PC関連編集者、記者職を経て現職。データクエスト ジャパン (現ガートナー ジャパン) 入社後はPC産業/市場関連動向や個人、企業内個人のIT需要調査分析を担当。現在は企業向けアプリケーション・ソフトウェア分野で、電子メール、グループウェア、SNSなどのコラボレーション領域や、サーチ・エンジン活用、インターネット活用による新たなワークスタイルの変革など、情報活用領域全般をウォッチしている。
著書に『[入門]ユビキタス・コンピューティング』(NHK出版、2004年) がある。
カバーエリア
○ グループウェアや電子メール、コラボレーション・ツールに関するリサーチ
○ デジタル・ワークプレースに関するリサーチ
○ エンタプライズ・ソーシャル・ソフトウェアに関するリサーチ
○ エンタプライズ・サーチに関するリサーチ

鈴木 雅喜

ガートナー リサーチ
バイス プレジデント
鈴木 雅喜

プロフィール

プロフィール
デジタル・ビジネス、ビッグ・データ、クラウド、仮想化といった幅広いトレンドをとらえITインフラの中でも、データやコンテンツ周りを中心とした視点から分析と提言を行っている。製造業種で10年以上顧客と向き合う技術者あるいは開発者として経験を積み、その後事業企画に携わった後、1997年、ガートナー ジャパンに入社。ユーザー、ベンダーの双方と向き合うことで得られた知見を基に、戦略的なアドバイスを提供している。
カバーエリア
○ データやストレージを中心としたITインフラ (クラウド、サービス含む)、ビッグ・データ、デジタル・ビジネスへの戦略支援、インフラ戦略の立案と運用、組織戦略への支援・助言
○ 事業継続管理、災害対策に向けた効率的なインフラ技術活用への支援・助言
○ 文書管理、コンテンツ管理のトレンド分析とユーザー戦略
○ 日本国内および世界のストレージ市場動向・将来予測・戦略分析

田崎 堅志

ガートナー リサーチ
バイス プレジデント
田崎 堅志

プロフィール

プロフィール
1991年よりデータクエスト ジャパン (現ガートナー ジャパン) にてデータ・ネットワーキングやボイス・コミュニケーション、パブリック・ネットワーク、モバイル・コミュニケーション、通信事業者のデータセンター・ビジネスなど、テレコミュニケーション産業全般にわたる動向分析ならびにマーケティング・コンサルティングに従事。
ガートナー ジャパン入社以前は、富士通にて通信処理マルチマイクロプロセッサ、ネットワーク・アーキテクチャ、高速パケット通信システムの研究開発、ネットワーク・システムおよびネットワーク・ソフトウェア製品の企画開発、プロジェクト・マネジメントを担当。高速光LAN、TDM、ネットワーク・サービス・プロセッサなど企業向け通信システム製品のハードウェアおよびソフトウェアを商品化。
IEEE Communications SocietyおよびComputer Society会員。電子工学修士。上智大学卒。
カバーエリア
○ 企業におけるデータセンター展開、広域企業ネットワーク構築に関する戦略立案・ベンダー選定・契約締結・運営管理の支援・助言
○ 日本の通信産業全般および固定通信サービス市場、データセンター・サービス市場の動向分析・将来予測・競合分析

長嶋 裕里香

ガートナー リサーチ
マネージング バイス プレジデント
長嶋 裕里香

プロフィール

プロフィール
ガートナー ジャパンにおいて、ITオペレーションの領域を中心とした市場動向分析と提言を行っている。
ガートナー ジャパン入社以前は、外資系ベンダーにおいて、J2EEアプリケーション開発/アプリケーション・サーバのテクニカル・サポートや、コンサルティング、ソリューション・サービスのプリセールス、ビジネス・プランニングに従事。
慶応義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。
カバーエリア
○ ITオペレーション管理における技術動向、市場動向、将来予測、ベンダー分析
○ ITオペレーション管理に関するインフラ戦略と推進にかかわる支援・助言

ZZZ

ガートナー リサーチ
主席アナリスト
針生 恵理

プロフィール

プロフィール
ガートナー ジャパンにおいて、クライアント・コンピューティング全般に関する調査分析を担当。一般企業ユーザー、国内外の主要なベンダーに対して、包括的な視野から長期的・短期的な観点で提言を行っている。1998年入社。ガートナー ジャパン入社以前は、大手メーカーでメインフレーム、オフィス・システムの設計/構築業務に従事。その後、大手半導体メーカーでソフトウェアの市場調査、分析を実施。
カバーエリア
○ クライアント・コンピューティング全般における技術動向、市場動向、将来予測、ベンダー分析
○ クライアントOS、オフィス・ソフトウェア、デスクトップ仮想化、ウェアラブルに関する動向分析
○ モバイル・コンピューティングに関する戦略立案・支援・助言

蒔田 佳苗

ガートナー リサーチ
主席アナリスト
蒔田 佳苗

プロフィール

プロフィール
1996年、ガートナー ジャパン入社。コンシューマー・テクノロジ&マーケット・グループ、クライアント・コンピューティング/コンシューマー・デバイス・チーム所属。世界的視野による市場統計・予測、技術動向・関連市場動向・ベンダー戦略、ユーザー動向調査などを踏まえたコンシューマー・デバイス市場全般の動向分析をもって、国内外のIT関連ベンダー、半導体/部材メーカー、流通チャネル、証券・金融機関、ユーザー企業、公共機関などへの戦略的提言を行う。
カバーエリア
○ ウェアラブル、パーソナル・コンピューティングおよびコンシューマー・デバイス市場に関する市場分析および予測、技術/ベンダー/業界分析およびそれにまつわる提案・助言、ビジネス成長戦略への提言
○ 企業エンドユーザーのウェアラブル、クライアント・コンピューティングに関するベンダー選定の支援

ジョン・エンク

ガートナー リサーチ
マネージング バイス プレジデント
ジョン・エンクJohn Enck

プロフィール

プロフィール
ガートナー リサーチのマネージング バイス プレジデントとして、ITリーダー (ITL) インフラストラクチャ&オペレーション (I&O) チームを指揮している。
ガートナー入社前は、Duke Communicationsでテクノロジとリサーチ担当ディレクターを務め、Windows NT MagazineとNews/400で出版に携わってきた。さまざまなメインフレーム、ミッドレンジ・システム、PC LANシステムやネットワーキングの広範な経験を有し、多数のコンピュータ書籍を執筆している。
カバーエリア
○ インフラストラクチャのアジリティ

デーブ・ラッセル

ガートナー リサーチ
バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
デーブ・ラッセルDave Russell

プロフィール

プロフィール
ガートナーのバイス プレジデント 兼 最上級アナリストとして、ストレージの戦略とテクノロジに関する調査を専門としている。特にバックアップ/リカバリ、スナップショットとレプリケーション、SSD /フラッシュ最適化ソフトウェア、ソフトウェア・デファインド・ストレージ (SDS)、ストレージ管理に重点を置き、分散型とメインフレーム両方のストレージ・ソリューションに精通している。
また、多数の業界大手プロバイダーおよび新規参入プロバイダーのストレージ機能とポートフォリオ全体をカバーし、さらにCIOの目標と優先事項をI&Oチームとストレージ・チームにどう落とし込んでいくかについてもフォーカスしている。
ガートナー入社前は、IBMに15年間在籍してストレージ製品の開発に携わり、ソフトウェア・エンジニアとしてメインフレーム・ストレージを担当し、分散システム・ストレージ・ソリューションの製品開発、アーキテクチャ、戦略チームのマネージャーとして従事した。
カバーエリア
○ データセンターのモダナイゼーション
○ インフラストラクチャとオペレーションのリーダー
○ インフラストラクチャのアジリティ
○ 事業継続管理プログラム

ミリンド・ゴーヴァカー

ガートナー リサーチ
バイス プレジデント
ミリンド・ゴーヴァカーMilind Govekar

プロフィール

プロフィール
ガートナーのインフラストラクチャ&オペレーション (I&O) リサーチのリサーチ主任を務めている。 クラウド・コンピューティング、人工知能 (AI) /機械学習、自動化、パフォーマンス/可用性管理、I&Oのアジリティ、IoT管理、「サーバレス」インフラストラクチャ、ITインフラストラチャ、ITサービス管理など、I&Oのあらゆる側面にわたる世界規模の統合的なリサーチのための方向付けとフレームワークを調査し設定している。
世界中からイベントの基調講演者として招かれることも多く、ガートナーのグローバルI&Oイベントのコンファレンス・チェアなど、複数のプロジェクトを指揮してきた。大小問わず世界中の企業のエグゼクティブ、投資機関、政府機関、テクノロジ/サービス・プロバイダーと頻繁に仕事をし、アドバイスを提供している。
カバーエリア
○ インフラストラクチャとオペレーションのリーダー
○ ITSM、ITIL、DevOpsを使用したIT運用の最適化
○ クラウド・コンピューティング
○ インフラストラクチャのアジリティ
○ スマート・マシン

サンジット・ガングーリー

ガートナー リサーチ
リサーチ ディレクター
サンジット・ガングーリーSanjit Ganguli

プロフィール

プロフィール
ガートナーのITシステム、セキュリティ、リスクのリサーチ・グループを率いるリサーチ ディレクターとして、主にネットワークとアプリケーションのパフォーマンス管理にフォーカスしている。ITオペレーション管理チームに所属し、米国バージニア州アーリントンのオフィスを拠点としている。
OPNETとRiverbedでは、APM/NPMベンダー分野で、さまざまな幹部職や技術職を担ってきた。
以前はRiverbed TechnologyでCTO代理を務め、CTOオフィスの一員として、戦略的なテクニカル・リーダーシップを発揮し、エバンジェリストとして企業のイニシアティブを主導した。
同社では、Riverbed独自のアプリケーション・パフォーマンス・プラットフォームを説明するために、世界中の大手企業のCXOとの対話や、業界コンファレンスでの講演なども行っている。それ以前は、OPNET Technologiesでインターナショナル・アプリケーション・エンジニアリング担当バイスプレジデントを務め、OPNETの世界規模の拡大では管理と技術を担当して、世界中の顧客に革新的なネットワーク管理ソリューションを提供した。
Hughes Network SystemsでVSAT衛星ネットワーク・ソリューションのマネージャーを務めたこともある。また、ハードウェア/ソフトウェアのエンジニアとしてキャリアを開始したSchlumberger Oilfield Servicesでは、高度な原子力検層装置の制御/遠隔測定システムの設計に従事した。
カバーエリア
○ インフラストラクチャとオペレーションのリーダー