テーマ

データとアナリティクスによるビジネス価値の創造と拡大

コンファレンス・チェア
主席アナリスト
一志 達也

コンファレンス・チェア

データとアナリティクスは、デジタル革命の要として、あらゆる業界で不可欠なものとなっています。

デジタル時代を生き抜き、成功を収めるために、今こそデータとアナリティクスをビジネスの中心に据えて、すべての従業員、顧客、サプライヤー、パートナーなど外部へも広げていかなければなりません。データとアナリティクスの有用性を広めるためには、組織内に「データを活用する文化」を醸成する必要があります。つまり、データとアナリティクスから情報を得て、ビジネス目標、業務の効率化、イノベーションを推進するという意識を根付かせていかなければならないのです。

ガートナー データ & アナリティクス サミットでは、信頼のおけるデータ、頼れるアナリティクス、それらによって得られた知見から下す大胆な意志決定によって、貴社の未来を切り開くための様々なコンテンツをご提供いたします。ぜひ本サミットにご参加ください。

本サミットで学べること
  • データの品質管理、セキュリティ、プライバシー、ガバナンスの整備を通じて、ビジネスにおける信頼の基礎を築く
  • あらゆる人材/行動/ビジネス・プロセス/意思決定に、アナリティクスを組み入れ、自社の文化として根付かせる
  • 既成概念にとらわれることなく、世界に誇ることができるデータとアナリティクスの戦略を練り上げて実行する
  • AI、機械学習、ブロックチェーン、仮想現実/拡張現実、IoT、デジタル・ツインなどの先進テクノロジを活用してイノベーションを推進する
  • デジタル変革を支える新しいアーキテクチャやアプローチを採用して、インフラストラクチャの近代化を進める
  • ビジネスモデルを革新するために、多様なデータセット/チーム/思考を活用する
  • 企業文化、人材、スキル、組織に対してのリーダーシップを発揮し、目的の達成を実現する
  • 新しいスキル、CDO(最高データ責任者)等の新しい役割 、新しい働き方、新しいデータ主導型思考の採用を加速する