One-on-Oneミーティング

  • One-on-Oneミーティング

お客様特有の課題に対して、ガートナーのアナリストがお答えする「1対1」型のミーティングです。

One-on-Oneミーティング

課題解決のヒントを得てください
『お客様が抱える問題』、『海外の先進事例』、 『他社モデルの導入』、『講演についての具体的な質問』など、アナリストとの対話を通じてお客様の課題解決のヒントを得てください。

One-on-Oneミーティング

早めのご予約をお勧めします
ミーティングの時間枠は限られているので開催前の ご予約をお勧めします。サミット会期中も会場内にて ご予約をお受けできますが、ご希望の時間が取れなくなるケースもございます。

One-on-Oneミーティング

1回30分の個別ミーティング
お客様が抱える固有の問題・課題に特化した双方向ディスカッションによって、解決への道標・示唆を得ていただくことを目的としています。

One-on-Oneミーティング

お一人様2回までご参加いただけます
グローバルのトップ・アナリストも来日しますので多くのアナリストとの対話を通じて課題解決のヒントを得てください。海外アナリストとのミーティングにはご希望により通訳が同席いたします。

One-on-Oneミーティング

ミーティングはトピックのご指定だけでも行えます
お申込は、お客様の課題、トピックのご指定だけでも行えます。最適なアナリストとのミーティングをアレンジさせていただきます。

ベンダー・ブリーフィングに相当する内容につきましては、One-on-Oneミーティングでお受けすることができませんので予めご了承ください。
ベンダー・ブリーフィングについて:http://www.gartner.co.jp/about/vendor_relations.html

ONEONONE MEETING

  • テーマ別セッションご聴講後にスピーカーと個別相談
  • ご担当業務に特化したアドバイス
  • 新たな分野に関する知見の習得
  • 国外の情報を海外のアナリストから直接収集(通訳同席可)
●お申込み方法
貴社担当営業へお申し付けください。Webサイトからのお申込みは2018年4月下旬開始予定です。

One-on-One ミーティング担当アナリスト一覧

一志 達也

コンファレンス・チェア
主席アナリスト
一志 達也Tatsuya Ichishi

プロフィール

プロフィール
日本国内において、データベース・ソフトウェア、データ統合ツールなど、データの管理・統合・分析を行うソフトウェアに関する市場動向の調査、当該ソフトウェア製品やベンダーの選定における情報提供と助言、ならびにデータ利活用に関するベスト・プラクティスの調査と助言を担当。ガートナー ジャパン入社以前は、約10年間の国内SI企業でのSE経験を経て、外資系ITベンダーにて約10年間製品マーケティング業務に従事。
カバーエリア
○ データベース製品に関する製品動向調査および製品選定におけるアドバイス
○ データ統合、データ品質管理、マスターデータ・マネジメント環境の構築・導入・利用に関するアドバイス

足立 祐子

バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
足立 祐子Yuko Adachi

プロフィール

プロフィール
ガートナー ジャパンにおいて、ITマネジメント、ソーシングとITサービス分野の分析を担当。主に人材育成、グローバル・ソーシングとアウトソーシング全般に関する動向の分析と提言を行っている。国内格付け会社、メーカーを経て現職。
カバーエリア
○ IT人材育成
○ ソーシング戦略
○ グローバル・ソーシング動向

マーク・ベイヤー

バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
マーク・ベイヤーMark A. Beyer

プロフィール

プロフィール
ITL (ITリーダー) データ&アナリティクス グループのリサーチ バイス プレジデント兼最上級アナリスト。アナリティクスのための企業データ統合とデータ管理ソリューションを担当している。また、企業データ統合、データ・サイエンス活動支援、ビジネス・インテリジェンス、高度アナリティクスなどのユースケースを使用して、情報インフラストラクチャのアーキテクチャ開発と継続的な調整の両方に対応するための組織構造についてもカバーしている。
パワー・ユーザー、アプリケーション開発者、データ・アーキテクトとして実際に従事した経験を生かしながら、適切なソリューションが見つからない企業や組織のために、実用的な選定と実践的なデリバリにフォーカスした調査も行っている。
ガートナー入社前は、自社内の実装コンサルタント兼ベンダー実装/プロジェクト・リードとして、データ統合、ビジネス・インテリジェンス、データ管理アーキテクチャの実装に関するプラクティスやプロジェクトを指揮した。
カバーエリア
○ 情報/データ・アーキテクチャ
○ データ統合のプラクティス/テクノロジ
○ データウェアハウス、データ・レイク、ODSプラクティス/テクノロジ
○ 保険、公益事業、医療、教育のためのデータ
○ メタデータの管理と活用

マリオ・ファリア

マネージング バイス プレジデント
マリオ・ファリアMario Faria

プロフィール

プロフィール
チーム バイス プレジデントとして、データ&アナリティクス グループに属するCDOオフィスを指揮している。現在は、最高データ/アナリティクス/デジタル責任者 (CDO/CAO)、上級データ/アナリティクス/デジタル・リーダー、そしてデジタル変革をリード/サポートするデータ&アナリティクス組織の創設と実施を計画しているCレベル経営幹部を担当している。
データ/アナリティクス/デジタルの役割、人材要件、組織の設計/構造を定義できるよう顧客を支援するとともに、全社的なデータ/アナリティクス戦略の策定、データ収益化、データ・ブローカ、顧客分析調査についても取り組んでいる。
ガートナー入社前は、アドバイザリ・サービスと経営コンサルティングの会社において、スタートアップから大企業までさまざまな顧客を担当し、データ戦略、データ・サイエンス、アナリティクス、デジタル戦略に関連するプロジェクトによってデータ/アナリティクス/デジタルの溝を解消できるよう支援していた。最高データ責任者や、データ/アナリティクス/デジタル・リーダーのキャリア目標達成をサポートした経験もある。
IBM、Accenture、Microsoftに在籍していたときには、金融サービス、小売り、消費財、メディアに関する業務のほか、経営コンサルティング、システム実装、アウトソーシング関連プロジェクトにおいて、アナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、CRM、E-Commerce、デジタル・マーケティング、運用管理のテクノロジ・イニシアティブにも携わっていた。また、北米、欧州、アジア、中南米の顧客と仕事をするなど、国際的な実務経験も積んでいる。
カバーエリア
○ CDO(最高データ責任者)/CAO(最高アナリティクス責任者)/CDO(最高デジタル責任者)の役割
○ データ/アナリティクスのビジネス価値
○ データ戦略、データ収益化、データ価格設定モデル
○ BI、アナリティクス、データ・サイエンス、アルゴリズム

テッド・フリードマン

バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
テッド・フリードマンTed Friedman

プロフィール

プロフィール
データ&アナリティクス チームに所属し、企業情報管理、情報ガバナンス、モノのインターネットにおける情報の意義、データ統合、データ品質にフォーカスしたリサーチを担当している。ガートナーのクライアントと共同で、これらの領域におけるクライアントの投資状況および成熟度に関するビジネスケースを構築するほか、関連のテクノロジ市場を詳細に追跡し、ベンダー選定/ツール選定、価格交渉、最適な効果および価値創出のための最新の導入方法などをクライアントに助言している。また、クライアントの情報管理プログラムやテクノロジ・インフラストラクチャに関するモダナイゼーション戦略のクライアント支援も行っている。
ガートナー入社前は、Andersen Consulting、GEなどの大手企業に勤務し、大規模リレーショナル・データベース・アプリケーション、分析アプリケーション、高度情報テクノロジを設計、開発していた。
カバーエリア
○ データ管理戦略
○ データ/アナリティクス・リーダー
○ 企業情報管理 (EIM) 戦略
○ 情報/データ・ガバナンス
○ モノのインターネットにおける情報管理の意義
○ データ品質 (ベスト・プラクティス、組織的アプローチ、ツール、ベンダー)
○ データ統合 (ツール、ベンダー、アーキテクチャ、ベスト・プラクティス)

リック・グリーンウォルド

リサーチ ディレクター
リック・グリーンウォルドRick Greenwald

プロフィール

プロフィール
GITL (Gartner for IT Leaders) のデータ管理エキスパート。オペレーショナル・データベース問題、データウェアハウジング、高可用性、データ統合、クラウド・データベースなど、多数の領域を担当している。
クラウドへのデータベース導入に関するリサーチを発行し、Catalystやインド開催の「インフラストラクチャ、オペレーション&データセンター コンファレンス」において講演も行っている。
Oracleに15年間在籍し、製品管理、競合インテリジェンス、製品マーケティングなどに関するさまざまな要職を歴任した経験を持つ。最終的に、Oracleのデータベース・クラウド・イニシアティブの製品管理ディレクターを3年間務めた。また、データベース、競合インテリジェンス、製品マーケティングのパートナー支援も行っていた。
IT業界での経験は30年以上に及び、salesforce.com (旧Salesforce)、Gupta Technologies、Cognos、Data Generalに勤務したこともある。主要執筆者を務めた書籍は20冊に上り、第5版まである『Oracle Essentials』 (O'Reilly and Associates刊)、『Professional Oracle Programming』 (Wrox刊)、OracleのExadataシステムに関する初の書籍など、ほとんどがデータベース・テクノロジを中心としたものである。
カバーエリア
○ データ/アナリティクス・プログラム
○ クラウド・コンピューティング
○ データ/アナリティクス・リーダー
○ データベース
○ 高可用性
○ データウェアハウス

堀内 秀明

マネージング バイス プレジデント
堀内 秀明Hideaki Horiuchi

プロフィール

プロフィール
日本における、エンタプライズ・アプリケーション領域をカバーするチームの責任者。チームのカバー領域には、ERP、CRM、コラボレーション、アプリケーション開発、アプリケーションの統合とアーキテクチャ、データ・マネジメント、BI/アナリティクスが含まれる。加えて、BI/アナリティクス領域のアナリストを兼務しており、BIツールなどのデータ分析・活用を行うソフトウェアに関する市場動向調査、当該ソフトウェア製品やベンダーの選定における情報提供と助言、ならびにデータ利活用に関するベスト・プラクティスの調査と助言を行っている。ガートナー ジャパン入社以前は、国内大手SIベンダーにて10年間、製品調査、システム提案/構築ならびに技術支援に従事。
カバーエリア
○ データの分析・活用に関するベスト・プラクティス
○ BIシステム構築・導入・利用に関するアドバイス
○ データベース製品に関する製品動向調査および製品選定におけるアドバイス

カーリー・アイディーン

リサーチ ディレクター
カーリー・アイディーンCarlie J. Idoine

プロフィール

プロフィール
Gartner for IT Leadersのビジネス・アナリティクス/データ・サイエンスを担当するリサーチ ディレクター。ビジネス・アナリティクスとデータ・サイエンスの両方で25年以上の経験を持つ熟練のITプロフェッショナルである。ビジネス知識と業界知識を独自に融合させ、効果的なビジネス・ソリューションに新しいテクノロジを統合する取り組みを成功へと導いている。経験は幅広く、全社的なアナリティクス戦略/包括的なアナリティクス・プログラムの設計/実装/説明、アナリティクス/データ・サイエンスの全社的ソフトウエア・ポートフォリオの評価/管理、ビジネス・ニーズの分析、分析ツール/プロセスのサポート、ビジネス・アナリティクス/データ・サイエンスのカスタム・ソリューションの分析/設計/開発、トレーニングの開発/指示、複雑なビジネス問題への高度アナリティクスの適用など、多岐にわたる。
ガートナー入社前は、Progressive Insuranceのエンタプライズ・アーキテクチャ組織で、ビジネス・インテリジェンス開発サービス・チームのBIコンサルタント兼ドメイン専門家を務めていた。BI戦略の計画と実装を担当し、BICCの開発、BI/アナリティクス・ツールのポートフォリオ管理、BIとアナリティクスに関連する組織/プロセス/ツールの計画とサポートに携わった。
カバーエリア
○ アナリティクスとBI戦略
○ データ/アナリティクス・プログラム
○ データ管理戦略
○ 処方的アナリティクス/予測的アナリティクス
○ 機械学習
○ セルフサービス
○ 市民データ・サイエンティスト

ダグラス・レイニー

バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
ダグラス・レイニーDouglas Laney

プロフィール

プロフィール
ガートナーの最高データ責任者リサーチ チームに所属するバイス プレジデント 兼 最上級アナリスト。データ戦略、インフォノミクス (情報の経済性)、情報イノベーション、ビッグ・データ/アナリティクスのユースケース、データ収益化、オープン/シンジゲート・データ、データ管理/アナリティクス・チームの役割/組織構造を担当している。
データウェアハウジング分野のパイオニアとして評価されており、インフォノミクス (「インフォメーション・エコノミクス」の短縮形)分野の提唱者でもある。世界5大陸のさまざまな業界におけるアナリティクスと情報管理関連のプロジェクトを指揮してきた。IT業界では経験豊富な先見的リーダーでもあり、Meta Groupのエンタプライズ・アナリティクス戦略のリサーチ/アドバイザリ・サービスの立ち上げや、Deloitte Analytics Instituteの設立と共同指揮、主要なビジネス・スクールでの情報資産管理/評価に関するゲスト講義なども務めた。さらに、複数のソフトウェア企業に対し、ビジネス・アナリティクスのコンサルティングやマーケティング・プラクティスを指揮したこともある。
カバーエリア
○ アナリティクスとBI戦略
○ デジタル・ビジネスの構築と拡大
○ データ・ガバナンスと、最高データ責任者 (CDO) の役割
○ インフォノミクス
○ 情報の価値と収益化
○ アナリティクスのセンター・オブ・エクセレンス
○ オープン・データ、シンジゲート・データ

亦賀 忠明

バイス プレジデント
兼 最上級アナリスト
亦賀 忠明Tadaaki Mataga

プロフィール

プロフィール
1985年、大手ベンダー入社。メインフレーム、ネットワーク、オープン・システムに至る各種システム開発業務に従事。米国製品の受け入れと導入、顧客へのシステム提案、設計、開発、運用といった開発工程全般を手掛ける。1997年にガートナー ジャパン入社。ITインフラストラクチャに加え、「未来志向」をテーマに、先端テクノロジに関する調査分析を担当。国内外のユーザー企業、主要なベンダー、インテグレーターに対して、さまざまな戦略的アドバイスを行っている。
カバーエリア
○ スマート・マシン、ロボット、人工知能的なもの
○ 先端テクノロジ、未来志向
○ クラウド・コンピューティング
○ メインフレーム、スーパーコンピュータ (HPC)
○ ITインフラストラクチャ・リーダー、戦略
○ 未来志向型テクノロジ人材と投資

松本 良之

バイス プレジデント
松本 良之Yoshi Matsumoto

プロフィール

プロフィール
ガートナー ジャパンにおいて、CIOの役割、デジタル化によるビジネス革新、IT組織改革を中心に、リサーチと提言を行っている。
ガートナー ジャパン入社前は、15年にわたり、GE、AON、ナガセ (東進ハイスクール) において、企業におけるデジタル化への対応、組織改革、M&A後の企業統合、グローバルIT組織のマネジメントなどの多岐にわたる課題に、CIOとして取り組んできた。また、富士通では、主に米国に駐在し、ソフトウェア開発やIT分野の事業開発の業務に約12年間従事した。
カバーエリア
○ CIOの役割、CEOとCIOの関係構築、デジタル化によるビジネス革新、IT組織改革、IT戦略、ITグローバル化、M&A後の組織統合と分割

マイク・ローリングス

バイス プレジデント
マイク・ローリングスMike Rollings

プロフィール

プロフィール
ガートナーの最高データ責任者リサーチ チームのリサーチ バイス プレジデント。データの戦略的な利用/ガバナンス、高度アナリティクスによるビジネス変革、企業行動の変革を推進する方法を担当している。チームに加わる前は、ガートナーのリサーチ ボードにおいて、同業者同士の交流を円滑化し、世界最大級のグローバル企業のCIOを対象にメンバー向けリサーチを行っていた。調査を主導している分野は、全社的なアジリティの向上、カスタマー・エクスペリエンス/顧客エンゲージメントを使用した競争優位性の向上、今後の業務/アウトソーシングへのマシン・インテリジェンスの影響などである。
2013年には、ITキャリアの変革とスキル/人材/リーダーシップへの取り組みに関する調査が評価され、ガートナーのThought Leadership Awardを受賞。実務経験は30年以上に及び、戦略、変革、イノベーション、人間の行動、共同での組織改革、コミュニケーションと影響、領域横断による効果など、さまざまな領域に携わっている。
ガートナー入社前は、戦略的なプログラム管理/データ戦略/エンタプライズ・アーキテクチャ/ガバナンスのコンサルティングを行う民間のコンサルタント会社、Momentum Strategiesでマネージング・プリンシパルを務めていた。Momentum Strategiesでは、データ品質/相互運用性に関するグローバル・プログラム・オフィスの設立や、世界規模の支払処理企業向けのガバナンス変革の実装などを経験している。
カバーエリア
○ デジタル・ビジネス戦略、データ/アナリティクス戦略
○ 組織の改革と変革、データ主導型の企業文化、データ/アナリティクス組織
○ データ・ガバナンス、ITガバナンス
○ データ/アナリティクス・リーダー、情報イノベーション、データのユースケース

サイモン・ジェームズ・ウォーカー

主席アナリスト
サイモン・ジェームズ・ウォーカーSimon James Walker

プロフィール

プロフィール
ITリーダー チームの主席リサーチ アナリスト。製品情報管理 (PIM)、マスタ・データ管理 (MDM) を担当し、製品とマルチドメイン・データにフォーカスしている。ガートナーのクライアントにはこれらの分野の専門知識と助言を提供しているが、その際は、情報戦略、データ管理/マスタ・データ/コンプライアンスにおけるMDMとデータ・ガバナンスの重要性、PIM/MDMのビジネス価値、ビジネス目標に沿ったPIM/MDMの運用方法を特に強調している。
ガートナー入社前は、マスタ・データ管理 (MDM) と製品情報管理 (PIM) を扱うソフトウェア・ベンダーで、ソフトウェア製品管理や製品戦略などを担当する上級管理職を務めていた。MDM/PIMの市場とテクノロジについて広範な知識を有している。幅広い実務経験があり、Stibo Systemsの製品戦略を導いて市場のリーダーシップ獲得に貢献した実績も持つ。製品管理の領域全体への深い理解と認識から、MDMの市場/トレンド/新しい機会について幅と深みのあるインサイトを提供するだけでなく、商業的な正当化と概念の検証を通じて、製品イノベーションの方向付けと定義付けも行っていた。結果として、世界的トップクラスの小売りおよびB2B企業は、マスタ・データ管理、データ主導型のマーケティング、マルチチャネル・コマースの製品を導入することに成功した。
カバーエリア
○ データ管理戦略
○ プライバシー管理プログラム
○ デジタル・コマース・テクノロジ
○ マスタ・データ管理 (MDM) & 製品情報管理 (PIM) のベンダーとツールの評価
○ マスタ・データ管理 (MDM)/PIMのビジネスケースの策定
○ MDMの開発、データ・スチュワードシップ/データ・ガバナンス戦略、実装