テーマ/トピックス

デジタル・トランスフォーメーション実現の鍵としての
アプリケーション戦略

コンファレンス・チェア
ガートナー リサーチ
リサーチ ディレクター
片山 治利

コンファレンス・チェア

日本企業のデジタル・トランスフォーメーション(デジタル・ビジネス推進のための変革)への取り組みの本気度が増しつつある。テクノロジによって新しいビジネスモデルを生み出す取り組み、既存のビジネス・オペレーションの効率を劇的に向上させる取り組みが広がりつつある。

ガートナーでは、デジタル・トランスフォーメーションを実現するためには、顧客、もの、エコシステム、データ、社内システムのつながりから成るデジタル・プラットフォームの構築を推奨している。ここで、エンタプライズ・アプリケーションは単に社内システム範囲にとどまらず、他の構成要素とのつながりの部分までを含有するものであり、エンタプライズ・アプリケーションの変革がデジタル・トランスフォーメーション実現の鍵となる。

では、どう変わるのか。その道筋を示すのがアプリケーション戦略であり、その戦略を具現化したものがアプリケーション・アーキテクチャである。そしてその変革にはスピードが求められる。新しい戦略やアーキテクチャの策定、実践には、時間をかけすぎてはいけない。新しいテクノロジや人材育成を駆使して、ビジネスニーズに機敏に対応できる仕組みを構築する。

本サミットでは、「アプリケーション戦略」と「アプリケーション・アーキテクチャ」を柱に据えて、企業のエンタプライズ・アプリケーションにかかわるすべての人々が、デジタル・トランスフォーメーション実現のために何をなすべきか、有益なヒントを得られるよう、ガートナーの国内外のトップ・アナリストが、最新の調査結果や事例を基に知見を提供する。

トピックス
  • ビジネス戦略を推進する、エンタプライズ・アプリケーション戦略
  • アプリケーション戦略を具現化するアプリケーション・アーキテクチャ
  • エンタプライズ・アプリケーションに俊敏性、柔軟性を持たせるポストモダンERP戦略
  • デジタル・プラットフォームを支える人材育成、ワークスタイル変革、データ活用
フォーカスエリア
  • アプリケーション戦略(デジタル・プラットフォーム、ビジネス・エコシステム、働き方改革)
  • アプリケーション開発 (RADツール、AI、クラウド)
  • アプリケーション基盤 (アプリケーション・プラットフォーム&統合、aPaaS/iPaaS、API management)
  • アプリケーション・アーキテクチャ (ハイブリッド、Web, モバイル、SOA、SDA、マイクロサービス、ブロックチェーン、データ)
  • ビジネス・アプリケーション (ポストモダンERP)